監視カメラの目的別選び方

監視カメラの目的別選び方


監視カメラの効果を最大限に引き出すためには、「監視カメラの選び方」がとても重要なポイント
になります。
ただ単に、購入費用や設置費用の安さを求めて選ぶだけでは、
結果的に期待していた効果が得られないといった状況に陥ります。
 
監視カメラの選ぶのに重要とされる主な判断ポイントに、
以下でご紹介する監視カメラを設置する「目的」や「設置する場所」、「必要とする機能」、「価格」、
そして「口コミや評判」などがあります。
 
目次
・防犯対策のために設置したい
・目立たないように設置する
・できるだけコストを抑えたい
・24時間きれいに撮影したい
・カラー撮影かモノクロ撮影か
・設置する場所に適した選び方 
 
1.目的別の選び方                      
失敗しない監視カメラ選びをするには、どのような効果を期待しているのか、
何のために設置するのかといった「目的」を明確にする必要があります。
 
目的をきちんと明確にすることで、選ぶメーカーや機種、必要な機能などが、自ずと導き出されてくるのです。
ここでは、「目的別の選び方」についてご紹介しています。
 
・防犯対策のために設置したい
監視カメラを設置しようと検討している人の中には、
「防犯対策」を一番の目的にしている方も多いのではないでしょうか。
防犯対策として設置する監視カメラは、空き巣や窃盗などの犯罪を未然に防ぐことが重要課題です。
 
監視カメラを設置することで、監視していることを周囲に知らせる必要がありますし、
不自然な動きや不審者の侵入があれば、すぐに管理者に「お知らせが届くような機能」が重要になります。
 
そのほか、防犯対策のために設置する監視カメラは、
不審者の侵入が多くなりそうな「死角」に多くの監視を付けなければなりません。
敷地が広く死角が多くなりそうな建物や施設は、必然的に監視カメラの数が多くなるといえるでしょう。
 
夜間の防犯対策のためには、「威嚇」を目的とした監視カメラを設置するのも良いでしょう。
赤外線LEDがある監視カメラは、夜間でも物体の形や人の表情を映し出すことができます。
夜間にもライトが点灯していることで、監視をされているということを
犯罪者に威嚇して知らせることができます。
 
・目立たないように設置する
飲食店や商業施設に監視カメラを設置することがありますが、
お客様によっては誰かに監視されている感じがする、落ち着かない、
ということで監視カメラの設置を嫌がる方が中にはいます。
 
もちろんお客様のプライベートに関わることもあるため、必要最低限の監視カメラを設置することが重要ですし、
場合によっては監視カメラを作動していることをお客様に分かるように明記しなければなりません。
 
お店側としては、窃盗などのトラブルを防止するために、監視カメラの設置が必要不可欠になるといえます。
そのため、お客様にできるだけ不便な思いをさせないよう、
「目立たないように設置する」ことを重視するのも一つです。
 
監視カメラのレンズを意識しないようにするためには、「ドーム型監視カメラ」がおすすめです。
ドーム型監視カメラであれば、広範囲に渡りレンズを動かすことができるほか、
外からみるとレンズがどこに向いているかが分からないからです。
 
・できるだけコストを抑えたい
監視カメラの設置をするにあたり、「できるだけコストを抑えたい」という時には、注意が必要です。
 
コストを抑えたいと願うあまり、監視カメラの意味をなさない格安製品を購入してしまうことがあるからです。
とにかく監視カメラを設置することに意味があり、性能や機能はその次という場合には、
格安の監視カメラや、場合によっては監視カメラのダミーを取り付けても良いでしょう。
 
一方で、コストは抑えたいけれど、ある程度の性能や機能は必要であると考えるときには、
一概に安さだけで監視カメラを選ぶのは危険です。
コストをどれほど抑えるべきなのか、最低限欲しい機能はどのようなことかを明確にして、
場合によっては安さや機能のどちらかを優先しなければなりません。
 
・24時間きれいに撮影したい
監視カメラを設置している場所のようすを、綺麗に撮影したいというときには、
「画素数が高い」監視カメラを選ぶことが大切
です。
画素数が高い監視カメラのレンズは、物体や人の動きを鮮明に映し出すことができるほか、
ある一定の箇所にズームインして監視するときにも、画質が崩れず鮮明な動画を撮影することができます。
 
また、24時間体制で撮影するという点でいえば、日中だけでなく
夜間もきれいいに撮影ができる監視カメラが必要です。
特に、人の少ない屋外の監視は、監視カメラの存在が全てといっても過言ではないため、
夜間対応の監視カメラを選ぶことは必須といえるでしょう。
夜間対応の監視カメラは、赤外線LEDが備え付けてあります。
そのため、光が差さない夜間でも撮影が可能になるのです。

監視カメラ